vライン脱毛による痛みについて

Web Template

vラインとは、ビキニラインの上に位置する部位で、特に肌が敏感な部位のうちの一つです。デリケートゾーンの脱毛の中でも人気の高い部位で、自分で処理をすると肌荒れやかゆみなどのトラブルが出てしまうということでサロンで施術をする人が多くなってきました。

そこで、vライン脱毛による気になる痛みについて説明していきます。

サロンでは、フラッシュと呼ばれる強い光を用いた施術が行われています。


光を照射する際、毛根に熱が加わってムダ毛の根元部分が縮小し、毛根から外れますから、刺激を感じます。


vラインの場合、皮膚が薄く敏感であり、ムダ毛が太く濃い場合が多いことから、やや強い刺激を感じることがあります。



腕や脚に比べて刺激は強いですが、徐々にムダ毛が少なくなっていくことによって和らいでいきます。

また、あまりにも刺激が強く耐えられないという場合には、スタッフに伝えるようにしましょう。

光の強さを調節しながら、刺激を少なくしてくれるので安心です。



あまりにも光が弱すぎると効果も少なくなってしまうので注意が必要ですが、やや敏感な部位である場合には我慢をせず、無理をしないようにしましょう。

毎日のようにカミソリなどで処理をしてきた人は、肌に大きなダメージを加えている場合があります。



その刺激が蓄積することによって色素沈着などが起こって黒ずみが発生することもあるので注意しましょう。

また、しっかりと保湿をして、肌にうるおいを与えてあげることも大切です。